読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンのサブカルザッピング

映画、アニメ、漫画、ドラマ、AV、ゲーム、音楽、など勝手にカテゴリー付けたサブカルを異種格闘技戦的にお届けしていきます。

映画

『lute版 東京ヴァージン』レビューその2 〜それでもおかちめんこって言うのか?〜

全3回の『東京ヴァージン』レビュー、今回は本作品で最も印象的な要素だったマジョリティとマイノリティの対比について書いていきます。昨日『君の名は。』を見てきましたが、この夏最高の作品は『東京ヴァージン』だったと思ってます。マジで。

『lute版 東京ヴァージン』レビューその1 〜女の子の秘密〜

傷ついて傷ついてわたしになっていく 悩みながら自分らしく生きていく美しさは、マジョリティの枠から外れたすべての人達に見て欲しい。そう思うことのできた本作を各話の紹介をしながら全3回に分けてレビューします。